学科試験合格にコツはあるのか?!

学科試験合格のポイント

自動車教習所では、技能教習と学科教習を効率よく両立して受講していただきます。運転の技能教習は楽しく真剣に進めている方の中にも、学科試験に向けての学科教習は苦手...なんて人も...。
そんな方にこっそりと学科試験同格のコツをこっそりとお教えします。

学科試験の合格点

学科試験は2回あります。1回目は仮運転免許証を取得するための試験で、技能検定に合格した方が和泉自動車教習所の教室で受験します。50点満点で45点以上で合格です。

2回目の試験は、卒業後、ご住所地を管轄する運転免許試験場にて受験していただきます。こちらは100点満点で90点以上で合格となります。全て◯✖式の二択問題です。


運転の試験である技能検定も2回ありますが、ともに70点以上で合格ですから、学科試験の正解率90%以上は、たいへんな難関と言えます。


普段使わない言葉づかいに注意!

学科試験の問題では、普段あまり使わないような独特の言い回しがあり、わかりづらい表現がたくさん出てきます。しっかりと問題を読み、言葉の意味を理解して解答することが大切です。

そのためには、練習問題を何度も多く解答して、試験問題に慣れておくことが必要です。

あわてず、引っ掛からない!

仮免許学科試験は50問で30分。試験場での試験は95問で50分。あわてると問題を読み間違えしやすくなります。
特に『~を超える・未満』『以上・以下」など、よく読まなければ誤解しやすい、いわゆる引っ掛け問題に注意してください。


また、時間は十分にありますので、しっかり見直しをすることも大切です。
和泉自動車教習所では、こうした問題に対策する学科教習もグループ専任制で、皆様にわかりやすく、楽しい学科教習を提供しています。
わかりにくい問題は気軽に質問できる。それが最良のコツかもしれません。
お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3489-4151